2019/12/19

面長コウヤコケシノブ

本土では1番良く見かけて1番育てやすく感じるコケシノブの仲間。
本土では鋸歯が有るコケシノブはこいつだけなのでぱっと見て鋸歯が有ってがっかりする事もしばしば。

産地と言うか個体差と言うか環境差と言うかとにかく微妙に多型。
鋸歯の感じも立体感もほんとそれぞれ。
ここのはのっぺりしてやや鋸歯が弱く感じ、少し面長。
ここのは産地的なものなのかとても育てやすい。

多湿は好むけれどビチャビチャは嫌いなので、Hygloronとはとても相性が良い。
水槽内でやるなら夏場はエアコン必須だけれど屋外でなら根付いてしまえば意外なほど強健。
まぁきちんと根付く迄に1年以上かかるんですが。

そう言えばこの仲間ってコウヤコケシノブ、ヒメチジレコケシノブともう1種類有るんだっけ。

紀伊半島南部低標高にて


0 件のコメント:

コメントを投稿