2013/09/16

これも花が咲いたらなんだか地味な葉がでた。

いや、普段派手な分、この程度でも地味に感じてしまうってことで、、、



そして花は花粉を出さず使い物になりませんよっと。
花粉が吹く条件って何だろう?

園芸のオネマはものすごく噴くのになぁ。
噴いてもXpictumする意味があまり無いような気がしてしょうがない。

2013/09/15

タイの園芸3色

れんとんさんところから来たタイの園芸オネマ。


元祖とかアンダマンみたいな派手さは無いけどいい葉です。
灰白色の部分がたまに大きくズバッと入るんですけれど、それが実にイイ。
侘び系オネマです。


そしてこのタイプ共通で成長が遅め。とにかく上に伸びてこない。

某クリスマスツリーがどんだけ愛情こめて育ててたかがわかるってもんです。

2013/09/14

エウレカ。


個体の性質もあると思いますが、メタハラorLEDだと葉が立ちますね。

上から2枚が横になっているのは蛍光灯に変えたせいです。


これもぼちぼち大木になってきたんで増やします。
増えたらトレードよろしくですお。

2013/09/13

のばるな。

無地だったんですけれど、こんな葉模様になってきましたよっと。

一応、スティーリア-1との事。


たぶんMax表現は誰も見ていないはずなので非常に楽しみであります。
地味なように見えますが実は非常に目立つ葉してるんですわ。これ。

ようやく大きくなってきたんで刻み始めますかw

2013/09/12

AZ便サイレント。

この2色っぷりがたまらない。
異色すぎます。

成長も早いし、姿も比較的整うのでいい個体ですね。


ここらへんに手を出し始めたらもう駄目ですわ。
オネマコレクションから抜けられなくなりますよっとw

2013/09/11

Arisaema fimbriatum subsp. bakerianum


アクアリウムバスでのGet品。
つるかめ山草園さんからのテンナンショウ。

アグラオネマと同じ環境でじわじわ育てていますが、ちょっと間延びしますけど
結構いけるもんですね。

ちなみにタイ南部の子らしいです。

それにしてもこのもじゃもじゃはなんの役に立っているんでしょうね?

2013/09/10

Draft4の本気?

こんな模様がでることもありますという見本で。

あまりにも花咲きまくりな上に受粉もしないので、花芽除去して植え替えたら
すぐに動くんですよねぇ。

後ろに見える葉の痛みっぷりでどれだけ花咲き続けてたかわかるというもんです。

2013/09/09

普通のStiriaも

一般的なStiriaですが、一応銀が砕けそうな奴を選んだつもり。

狙い通り荒々しい子に育ってくれれば良いんですけどねぇ。

2013/09/08

スティーリア細w

LA便のArgentum "Stiria" シリーズの変な奴ですね。

これは良いのですよ。細辛でいう所の谷間の雪的な静かさがなんとも言えず。
そういえば変態K大生Yamasty君も食いついてた気がするわw

まぁ、模様もなんですが、ビロード感がすばらしいのと葉のふちの波々具合も見て欲しい所。

2013/09/07

大人の白玉

これが大人の白玉です。

残念なことに中央の銀は衰退するんですけどね、変わりに白が散ってくるのよ。

2013/09/06

アグラオネマ置き場新設もした。

場所が分散してしまったので一括管理をするために新設してみましたよっと。
面積は150×60(cm)。一切光の入らない部屋ですが苗と導入すぐの個体以外は常湿管理
に移行しました。

ライトはメタハラ150w(10000K)×2、農業用LED90W(赤:青=8:2)×2、ボルテス(青玉)×2でした。
上段の真ん中あたりの高さで大体6000lx程度アグラオネマにはとちょっと明るすぎ。

今は葉が立ちずぎるのと葉色が薄くなるのでボルテス×3農業用LED90W×2に変更してますが
LEDは照射時間短いですね。

下段は主に小さいのと苗なんでがっつりLEDなんでスーパー玉出の生鮮食品コーナーみたいな
色になってますが。

集合した大木の図。
ここまで育てるのが楽しい。次は交配ですねぇ。

よくみると葉が立ちまくりでしょ?
まぁ、成長速度は速いんで増やしたい人には良いのでしょうが

2013/09/05

ムラクモアオイ 白散斑

これも同じく。
種子島のムラクモアオイの斑入り。

やや季節芸的で、葉の出る時期によって別物の様にみえてしまう。

2013/09/04

チタカンアオイ 白散斑

オネマの連発ばっかりじゃ飽きるでしょうし少しカンアオイだします。


チタカンアオイの白散斑。
ギガコロール(偽)なんて目じゃないレベルの珍品。
自生地もほぼない上に選抜されて固定している個体はこれだけじゃないかなと。

某人から某師匠宅へ委託栽培に連れてこられた個体を撮影。

2013/09/03

細緑弐色


地の緑と黄緑2色で一応トリカラーなのよ。

小さい頃から細葉でしたがおおきくなったらさらに細く。

ヤシの木的なじつに観葉植物的な姿になってる。
これも苗だいぶ育ってきたなぁ

2013.05/04撮影

2013/09/02

軸太さんところから嫁にきたトリカラー


アンダマンと区別つかないぐらい良く似ている上に極美。

これこそトリカラーって奴っすわ。
そしてなんでか成長遅い。

2013.05/04撮影

2013/09/01

たねー

LAさんから導入の種シリーズ。
2013.05/04には発芽して葉がでかけだったんですなぁ。

よく見てもらうとわかる様に右の1個体は双子です。
うれしくないことは無いのですが、このように2本出るとやはり
相対的にきちんと発芽したものよりは弱々しい葉がでるので
痛し痒しですね。