2012/11/25

三重南部山紀行(2012.11/10) その5

で、車に戻る途中にやっぱり出ました。

オオクボシダ。

適した環境があればこの辺りでは相当密度高く生えています。
この個体はなかなか大きく、葉長5cmほど。

コウヤコケシノブやコケに混じって生えてる癖になんでここまで栽培に適さない
んでしょうかね。
自生地で観察するかぎり個体の寿命も比較的長そうだし。

胞子撒いても発芽してこないのも良くわからん。


まぁ、数々の偉大な先人も栽培に関してはほぼ全敗な様ですし、現地で見て愛でる
シダのひとつで良いでしょう。


続く

0 件のコメント:

コメントを投稿