2012/03/25

ダブル。

セカダウ産がダブル開花。


どちらの画像が良いのでしょうか?
一枚目の画像で背景を完全に白に飛ばすのと、二枚目の画像で背景を黒く殺すのと。
一枚目は背景の白紙が折れてるし、、、
個人的には二枚目の画像で背景を完全に黒く殺して、下からの光源を追加して影を殺す、
のがいいのかなぁと漠然と思っていますが、、、、


それにしても白バックでの撮影は難しい、、、、
被写体が白勝ちだと光どうやって回せばいいのかいつも苦悶します。

赤い。

赤い花が咲いたのです。
まぁ、濃いピンクですが、ここまで色が乗るのは初めての経験。















なかなかいい感じの葉も出してくれますが、その紹介はまた今度。

ホシクサ始めました。

というか、再開しました、ですね。
Blogもホシクサも。
一応仕事はひと段落な予定ですが、体がやっぱり痛んでいるのを実感します。
特に腰と膝は長い療養になりそうな感じです。
重量物を運んでたせいか、ひざの痛みがひどいです。
思うとおりに体が動いてくれないのはストレスですね。まったく鬱になります。


さて、本題ですが。

久々にこれ見てホシクサまじめにやる気が出ました。


カミハタ便の赤いホシクサ。
ちょうど開花ステージなのと絶妙な光条件でなかなかな色をしています。

まぁ、Natureさんで置いてあった場所が絶妙でうちではまったく育成してないんですが。
買って帰って植え替えしただけでの撮影です。
















水上育成とはいえ、ホシクサ科の植物でこの色はなかなか反則でしょう。
この色はそれなりに環境設定していかないとなかなか拝めない色ではありますが。

今は結実させるために強光で焼いてますんでもっと葉緑素がのって赤みがかった
焦げ茶になっていますが、それなりに色は出ています。


以前、種子からも一周したことがありますが、水上での育成ではこれといった癖もなく
育成しやすい種のひとつだと思います。
水上栽培では開花後の分株はあまり望めませんが、花穂を切除し水中育成に移行して
やれば他のアジア産ホシクサの様に株元から分株してくるでしょう。

水中での育成は未経験な為なんともいえませんが、Yahooオークション等の画像を
見ている限りでは有る程度の発色はするようですね。


最近南米ホシクサ見ないですけれどどうなったんでしょう?
ミナススターとか、サンフランシスコⅡとかアルトネグロとか生き残ってんでしょうかね。
できたら入手してみたいもんです。
今ならボリスタも育てられる気がする今日この頃です。

2012/03/10

なんか

南国に行きたい、、、、、、

草むしりに行きたい、、、、、、


あぁぁ、、、