2009/06/26

Cry.yujii Durin Besar 2個体


1枚目
現地で焦げ茶色の葉をつけていた個体。
薄れたがやはり茶色と虎斑がでる。


2枚目
一枚目とは群落違い。やや茶色が乗っていた個体。
ほぼ普通な個体に。


どちらも一応、開花サイズです。
栽培環境はJikan産と同一ですので差異は個体の個性と言って良いかと思います。

肥料弱めで育てていますのでこんなサイズにしかなっていませんが現地ではタバコの箱程度のサイズになっていましたのでも少し大きくはなるのでしょうがやはりやや小型です。

普通の個体は開花してますが余り臭くなかったです。
昨日のJikan産の臭さは異臭に近い。今までにない臭さでした。
Nibong産は蓋に葉が当たってくにゃくにゃですので仕立て直し中。
今年採集してきた中で一番調子良いのがC.yujiiかな。longiも調子良いのがいるけどばらつき激しいし。

2009-06-26 13:24:04

0 件のコメント:

コメントを投稿