2011/04/01

再開


しばらくぶりです。
更新再開します。

休んでる間に日本はとても大変な事が沢山ありました。
出来ることは多くは無いですが、少しずつ出来るところからやっていきたいと思います。
メッセ頂いた方々、メールや電話で励まして頂いた皆様、ご心配をお掛けしました。

画像は個人的に、衝撃的な入荷をした、C.wendthii 'Florida Sunset'です。

入手後、選抜に選抜を繰り返して得られた極上の個体です。


古典園芸的にいえば、後冴白黄斑。
たまにオークション等に出ているのをみかけますが、斑がきちんと出ていない、もしくは斑の入っていない個体が多く、この品種の魅力を伝えられていないのが残念です。
まだまだ短い期間しか観察はしていませんが斑が消えた個体からは綺麗に斑が入る個体はまず出ませんので、入手時には注意が必要かと思います。

新芽から古い葉へと移り変わる斑色は非常に魅力的です。
弱光下での栽培でこの美しさなのも素晴らしい。
また、水中育成では15-25cm程度になりますが、葉の表現は変わりません。
むしろ、赤みは強くなるぐらいです。

メタハラ等を当てるともうなんとも言えない美しさ。

維持に少し手間がかかるのは事実ですが、きちんと後世に伝えていきたい品種の一つです。

エキノのグリーンパンダの二の舞は避けねばなりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿