2009/03/27

ソイル底面


しばらく前の画像なのはご容赦。内容物はウエノイとストリオ(ナンガ・アッサン)種子。選別漏れのエンドラーズ二匹とミナミヌマエビ数匹居ます。

30規格水槽に単にアマゾニアパウダー敷いて調子良い水槽の外部フィルター内の浮泥を追加、ウィローモス突っ込んで立ち上がるまで放置。その後、草導入と言う流れ。
それだけです。

ご質問の回答ですが初期肥料は一切無しです。
調子が落ちてきたらマガァンプあたりの遅効性肥料は入れるかもしれませんが、ミナミヌマエビとアカヒレとか数匹入れておけば肥料は要らない気もします。(もちろん無給餌で維持出来る程度で。)特に小型水槽では。60規格ぐらいのサイズと水量だとまた話は代わってくるかとも思いますが。

パウダーばかりで通常サイズでは余り試した事がありませんが通常サイズでも問題無いかも知れません。
パウダーだと厚く敷きすぎると水通らなくなり底面の意味ありませんし。画像の厚さでほぼ限界ぐらいです。
また、底面フィルターのスノコ状になっている部分の隙間が大きく、パウダーが下に落ちるので目の細かい網等で包むなどの対策が必要です。


なんだかまとまり無い文書ですいません。
参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿